INFORMATION

NEWS

鳥取県の教育委員会が、県内の一部の学校でOriHimeの本格導入する方針を固めました

%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E3%81%8C%E3%80%81%E7%9C%8C%E5%86%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E9%83%A8%E3%81%AE%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%A7OriHime%E3%81%AE%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E9%87%9D%E3%82%92%E5%9B%BA%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F

鳥取県の教育委員会が、授業や行事に参加するために分身ロボット「OriHime」を本格導入する方針を固めました。

 

これまで県内で2年間に渡っての実証実験により、効果を得られたと認められました。
県では19年度の予算に組まれ、拠点となる鳥取養護学校(鳥取市)や皆生養護学校(米子市)など3校に計8台を正式に配備されます。
ほかの学校や、自宅療養中の子どもには拠点校から貸し出すとのことです。

 

県教委特別支援教育課の野口明紀指導主事からは
「分身であっても集団の中で一緒に成長できる。同級生の言葉を聞くだけでも、
学習意欲や参加意識を高めることにつながる」と、コメント頂いております。


弊社の努力だけでなく、皆様のご協力合っての実現にとても感動しており、ご協力いただいた皆様へは心よりお礼申し上げます。
引き続き精進して参りますので、変わらずオリィ研究所を何卒よろしくお願い致します。