運営組織

運営組織

役員

吉藤 健太朗 共同創設者 代表取締役 CEO

吉藤 健太朗

高校時代に電動車椅子の新機構の発明に関わり、2004年の高校生科学技術チャレンジ(JSEC)で文部科学大臣賞を、2005年にアメリカで開催されたインテル国際学生科学技術フェア(ISEF)に日本代表として出場し、GrandAward3位を受賞。

高専で人工知能を学んだ後、早稲田大学創造理工学部へ進学。自身の不登校の体験をもとに、対孤独用分身コミュニケーションロボット

「OriHime」を開発する。それにより、2012年、青年版国民栄誉賞である「人間力大賞」に選ばれる。

開発したロボットを多くの人に使ってもらうべく、株式会社オリィ研究所設立。

自身の実体験から、「ベッドの上に居ながら、会いたい人と会い、社会に参加できる未来の実現」を理念に、開発をすすめている。

趣味は折り紙。

2012年、オリィ研究所代表取締役CEO

結城 明姫 共同創設者 CFO

結城 明姫

高校時代に流体力学の研究を行い、2006年の高校生科学技術チャレンジ(JSEC)にて文部科学賞、YKK特別賞をダブル受賞。

ISEF出場を目前に結核に倒れ長期入院を経験するが、翌年同大会に再出場し、グランドアワード優秀賞受賞する。その後2007年にISEFにStudent Observerとして参加。

大学入学後はノーベル賞受賞者を招いて行われるAsia Science Camp2009にてBronze Medal獲得し、2011年には早稲田ものづくり大賞、学生起業家選手権、キャンパスベンチャーグランプリ等において留学先のロンドンからロボットOriHimeのデモを行い、代表吉藤と共にプレゼン発表し、優勝する。

ICU(国際基督教大学)教養学部卒業、UCL(University College London) Innovation Management Major交換留学生。

椎葉 嘉文 共同創設者 CIO

椎葉 嘉文

2008年、制作会社勤務。システム開発部に所属し、Web制作業務を担当。2012年にフリーランスプログラマとして独立。

かねてより親交の深かった福島のボランティア団体、および共通の友人を通じて当時OriHimeの製作を行なっていた吉藤と出会う。技術者として意気投合し、iPhoneを設置してインターネット経由で操作するロボットのソフトウェア部など、いくつかのプロジェクトを共同で行い、親交を深める。

その後、正式に株式会社オリィ研究所の共同創設者、ソフトウェア開発担当として参加することを決める。

2012年オリィ研究所取締役CIO。

顧問

経営顧問 谷本 忠駿 テネクス株式会社代表取締役CEO

慶應義塾大学文学部卒業(英米文学専攻)。慶應義塾大学大学院経営管理研究科MBA。ペンシルバニア大学ウォートンスクールスクール交換留学生。1989年 に米国経営コンサルティングファームであるブーズ・アレン・ハミルトンに入社。 1994年にシリコンバレーに渡り、ハイテク・バイオ分野でのベンチャー企業コンサルティング、日米企業の提携戦略立案・実行サポートに従事。2000年に帰国し、リアルコム株式会社を創業し、代表取締役CEOに就任。2006年にRealcom Technology Inc.(シリコンバレー)CEO。2007年に東証マザーズに上場。2012年12月、リアルコム株式会社取締役を退任。2013年にテネクス株式会社創業。代表取締役CEO就任。 アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー(EOY) 2005ファイナリスト。 「Red Herring 100 Private Company in Asia」(2005年)。

経営顧問 丸 幸弘 株式会社リバネス代表取締役CEO/株式会社ユーグレナ技術顧問

博士( 農学 )。2002年6月、日本初のバイオ教育のベンチャー、有限会社リバネスを理工系大学院生のみで設立。2006年3月、東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻博士課程を修了。株式会社ユーグレナを立ち上げから支援し、2012年の東証マザーズ上場に貢献。その他多数のベンチャー企業の立ち上げにかかわる。

技術顧問 菅 正雄 米国Gibson Brands, Inc. CTO

早稲田大学(機械)、東京大学大学院(情報工学)卒後、(株)東芝に入社。国内初分散処理コンピュータシステム開発後、University of Illinois Graduate School (Computer Science)に社費留学。東芝に復帰後、世界初のノートブックPC「Dynabook」を開発、200機種以上の革新的ノートブックPCを商品化した。その過程で、世界初2.5型HDDを日米企業と共同開発。「Dynabook」に初搭載した。商品企画部長、海外営業部長を経験後、米国(含む南米)の東芝PC責任者(上席副社長)に就任。米国PCの営業・マーケティング・開発・製造を統括。帰国後、新規事業の立上げを担当。ポータブルミュージックプレーヤやビデオカメラ向けに1.8型HDDを共同開発。東芝だけでなく、Apple 初代「iPod」に採用された。また、同時期に「SDカード」を発明、商品化した。東芝退社後、オンキヨー株式会社 取締役、ソーテック株式会社 社長、米国Gibson Brands, Inc. CTOを歴任。

メディカルアドバイザー 明星 智洋 江戸川病院 腫瘍血液内科副部長 兼 感染制御部部長

熊本大学医学部入学後、医師国家試験に合格。岡山大学附属病院にて研修後、呉共済病院、虎の門病院、癌研有明病院にて血液悪性腫瘍およびがんの化学療法全般について学ぶ。2009年より江戸川病院にて勤務。血液専門医認定試験合格、がん薬物療法専門医最年少合格。専門は、血液疾患全般、がん薬物療法。感染症管理。朝日放送『たけしのみんなの家庭の医学』出演。