MISSION

At Ory Laboratory out target is “loneliness”

  • movement
  • dialogue
  • functionality

Through the development of technology, we intend to solve the lack of such freedoms, by doing this we will help create a new way of participating in the social sphere and usher in a brighter future for us all.

PRODUCT

The products from ORY Laboratory are tools that help, those who are somehow hindered in a normal social participation, to overcome such challenges. Through technology, we will convert the “not possible” to the”possible” and expand the possibilities of society itself.

OriHime

The Avatar robot OriHime, is a communication tool that was created to help realize the conventional social aspects of life and work. More notably to solve the “restrictions posed on movement” caused by hospitalization, physical disability, etc.

OriHimeにはカメラ・マイク・スピーカーが搭載されており、インターネットを通して操作できます。学校や会社、あるいは離れた実家など「移動の制約がなければ行きたい場所」にOriHimeを置くことで、周囲を見回したり、聞こえてくる会話にリアクションをするなど、あたかも「その人がその場にいる」ようなコミュニケーションが可能です。

実現できるコミュニケーション

遠隔操作でありながら、「その場にいる」という感覚を双方向で共有できる。

使用シーンの例

・入院や身体障害などで通学できない児童が、OriHimeで「友だちと一緒」に授業を受ける。
・育児や介護、入院や身体障害などで通勤が困難な人が、OriHimeでテレワークを行う。
・海外赴任先から、OriHimeで日本の友人の結婚式に参加する。

OriHime eye

OriHime eye is a communication device for severely physically handicapped patients who can only move their eyes, fingertips and have other very limited range of movements. PC controlling can be done smoothly with our simple operation system, a software which reproduces a transparent analog keyboard on the screen.

ALS患者や難病の方々と協力して開発した視線入力装置によって、透明文字盤を使うように文字を入力し、読み上げることができます。ひらがなや身体部位など基本的な文字盤の他、履歴機能や、自作文字盤の登録も可能です。また、分身ロボットOriHimeを接続して、インターネット経由で操作することできます。

実現できるコミュニケーション

難病や身体障害があっても、目の動きだけで意思伝達を行うことができる。

使用シーンの例

・重度の身体障害がある患者が、OriHime eyeで家族と日常的な会話をする。
・OriHime eyeでPCを操作することで、寝たきり状態でも仕事を続けることができる。
・OriHime eyeでOriHimeを操作することで、遠隔地とのコミュニケーションを図る。

OriHime-D

OriHime-D is a 120cm tall avatar robot. Which was designed to allow people, who are working from home, to be able to carry out work that involves physical labor such as waiting on costumers, bringing things from A-B, helping people and so forth.

OriHimeと同様にカメラ・マイク・スピーカーが搭載されており、インターネット経由で操作できるだけでなく、前進後退・旋回の移動能力があり、上半身に14の関節用モータを内蔵しています。簡単なものをつかんで運ぶことができるほか、自由なモーションを作成してボタン操作で再生する機能も実装されています。
これにより、カフェでの接客やビル内での案内、作業現場を見回りながら指示を出すなど、身体を動かす必要のある業務のテレワークが実現可能となりました。
現在オリィ研究所では、このOriHime-Dのさらなる可能性を探るべく、共同での事業開発・研究等が可能な企業・研究機関を広く募集しています。

実現できるコミュニケーション

外出が困難な人でも、分身テレワークによって働き、社会の中で役割を持つことができる。

使用シーンの例

・育児や介護、身体障害などで外出が困難な人が、分身テレワークでカフェの接客をする。
・OriHime eyeと接続することで、寝たきり状態の人が遠隔操作で身体労働を実施する。
・遠隔地での業務指導を、OriHime–Dで実際に現場を移動しながら行う。

BOARD MEMBER

Kentaro Yoshifuji

Co-founder CEO

Kentaro Yoshifuji

Aki Yuki

Co-founder CFO

Aki Yuki

Yoshifumi Shiiba

Co-founder CIO

Yoshifumi Shiiba

Management advisor

Tadashi Taniomto

  • TENEX Inc. / CEO

Management advisor

Yukihiro Maru

  • Leave a Nest Co., Ltd. / CEO
  • Euglena Co., Ltd. / Technical advisor

Technical advisor

Masao Suga

  • Gibson Brands, Inc. / CTO

Medical advisor

Tomohiro Myojyo

  • Edogawa Hospital / 腫瘍血液内科副部長兼感染制御部部長

COMPANY

Company NameOry Laboratories Inc.
Capital139.82 Million Yen
EstablishmentSeptember 28th 2012
Business contentsThe R&D, sales and manufacturing of communication technology

ACCESS

〒108-0014
Mitsuwa Mita Building 6F Minato-ku 5-1-13 Tokyo-to 108-0014

(On street level you will find a TULLY’S COFFEE)

Open in Google Map

CONTACT

To contact us at Ory Laboratorie、please use the form below。
Please do not hesitate to contact us. We will give you a reply as soon as possible.

※ You will receive a confirm e-mail within short time of filling in the form. If this does not happen please rewrite the form and try again.