INFORMATION

NEWS

分身ロボットOriHimeが「かわさき基準(KIS)」認定の福祉機器に選定されました!

川崎市では平成25年より、福祉製品やサービスの創出・活用による課題解決と産業振興を同時に行う「ウェルフェアイノベーション」に取り組んでいます。

 

その柱の一つとし、利用者の立場に立った最適な福祉機器の基準「かわさき基準(KIS)」を独自に設定しています。

この度、新たな課題に対応する先駆的な製品の募集を行い、かわさき基準推進協議会の審査を経て、オリィ研究所を含む26社の製品が認定を受けました。

 

平成28年3月24日川崎市産業振興会館にて、かわさき基準認証福祉製品の認証発表式が開催されました。

これにより、OriHimeは自治体(川崎市)の認証を受けた製品として、同市の予算範囲内での導入補助金が期待され、今後の普及が見込まれます。

かわさき基準認証福祉製品発表式

http://www.k-kijun.jp/files/welfare_3rd.pdf

 

(文:OriHimeパイロット 番田雄太)