PRODUCT

OriHime eye

OriHime eye(オリヒメアイ)は、眼や指先しか動かせない重度肢体不自由患者のための意思伝達装置です。透明文字盤をデジタル化したシンプルな操作方法で、PC操作をスムーズに行えます。
ALS患者や難病の方々と協力して開発した視線入力装置によって、透明文字盤を使うように文字を入力し、読み上げることができます。ひらがなや身体部位など基本的な文字盤の他、履歴機能や、自作文字盤の登録も可能です。また、分身ロボットOriHimeを接続して、インターネット経由で操作することできます。

実現できるコミュニケーション

難病や身体障害があっても、目の動きだけで意思伝達を行うことができる。

使用シーンの例

・重度の身体障害がある患者が、OriHime eyeで家族と日常的な会話をする。
・OriHime eyeでPCを操作することで、寝たきり状態でも仕事を続けることができる。
・OriHime eyeでOriHimeを操作することで、遠隔地とのコミュニケーションを図る。